チャットモンチー「完結」に寄せて

チャットモンチーが終わる、
終わるんだって
終わる?終わるのか

140文字じゃ到底おさまりそうもないし、四角く切り取った写真一枚で物語れるはずもないので、随分長く放ってあったここが打ってつけだと思いやっとこさ引っ張り出してきた

第一報は11/23、仕事帰りの電車の中だった
Twitterのトレンドに「チャットモンチー」とある
お、新曲?それともテレビにでも出る?などと考えながらその文字をタップすると、私の想像とは少し違っていた
そこには、LAST ALBUMの文字
ラスト、最後?
意味は、もちろん知ってる。でも、まさかそんなはず、と思う
心のざわつきのままタイムラインを遡ると既にたくさんの意見が飛び交っていて、早速哀しみに暮れる人もあれば、いやいやただのタイトルでしょとその意見を否定する人もあった
その中に「LASTには(形容詞ではなく動詞としてだけど)存続するみたいな意味もある」といったようなツイートを見つけ、少し落ち着く。というか、誰かもわからないそのつぶやきに、今はすがるしかなかった
その日はサーバダウンなのかなんなのか結局アルバム発表のリンクに飛べず、真相はわからずじまいだった

確定してしまったのは、翌日だった
ほんと今時だよなと我ながら思うけど、知ったのは前日と同じくTwitterのトレンドだった
再びの、「チャットモンチー」の文字
考えるよりも先にその文字を押しながら、昨日までの疑念は確信へと変わってしまった

チャットモンチーが、終わる

あああああ、と心の中で叫んだ。あとはもうなんだかよく分からなくて、夢中でタイムラインを遡って悲しむ人たちのツイートの隙間から公式ホームページへのリンクを見つけ、本人たちのコメントを読んだ
前日と同じ電車の中、変な汗をかきながら、喉がつまってなんだか気持ち悪くなった
チャットモンチーが、バンドが、時代が終わる
チャットモンチーは、その名前を脱いで新しいところへ行くのだと、そこには本人たちの前向きなコメントがあった

しかしここまでものの5分ほど、状況をやっと把握しただけでまったく飲み込めない、体に入っていかない

完結。彼女たちはバンドの最後をそう表現した
決して、解散とは書かなかった
それはファンへの配慮なのだろうか、それとも、敢えて本人たちが自分たちのためにそう言うことを避けたのか
この決断にはきっとあの前向きなコメントからは想像もつかない葛藤が、苦悩が、あったのではないか
だって簡単におしまいにしてしまうにはあまりに多くの人が彼女たちを愛し、その音楽に支えられてきた
そのことは、チャットモンチーとして表に立ち続けた彼女たち自身が一番理解していると思う
だからこそ、「完結」は彼女たちにとって大きな決断だったのではと思う

一話終えて次のストーリーに向かう度に、常に人々に刺さるものでなければならないという重圧もあったんじゃないかな
チャットモンチー自身がチャットモンチーでなければならないということに縛られてしまっていたのかな
ああ、何を言っても、所詮ド素人の戯れ事でしかないのだけど…

だって、こんなに書いても、少しも飲み込めないんだよ、戯れ事ぐらい言わせてよ
物語の最終話が決まってしまった、それもどこかで、絶対終わることはないとなぜかほんのり確信していた物語が
それがLAST ALBUMであり、年始に発表があるであろうラストライブなのだろう
最終話を読んでしまったら、あとはもう新しいストーリーは見れないんだよ、続くと思っていた彼女たちのストーリーが。繰り返し、今までの話を読みかえすだけ
もちろん今までの話があまりにも素晴らしかったからこそ、こんなにも憂いているのだけど
終わるなんて、夢にも思ってなかったんだよ

あーあ、チャットモンチーに限らず、無くなるってわかってから気づくことが多すぎるな
ライブもっと行けばよかった。ラストライブはなんとしても行こう

とは言え、先の音楽人生を考えての前向きな決断ということで、チャットモンチーという物語が終わっても新しい物語が始まるみたいだし。それが二人なのか一人なのかはたまた新しいメンバーが加わるのかそれはわからないけど、作者さん、期待しています

でもでもやっぱり今は、もう少しこの哀しみに浸らせて。
こころとあたま、離れてたらかなりしんどいから、今はどっちも正解にしてあげるね

これは、感謝の色

お題「この色が好き」

 

好きな色を聞かれると迷わずオレンジとこたえるんだけど、なんで好きなのか、いつ頃から好きなのか、明確に答えられない。

 

小さい頃は水色が好きだった記憶がある。上着も、好きな水色のものをよく着ていた気がする。

また今の持ち物は、自分としては意外なのだが、ピンクのものが多い。私は、ヒラヒラしたスカートやリボンのついたバッグなどがあまり好みではないのだけど、ちょっとした小物は無意識にピンクをえらんでいるようだ。

デスクの上のペン立てや穴あけパンチを見て、ある日気づいた。

 

では、いつからオレンジ色が好きと答えるようになったのか。オレンジの中でもパステル系ではなくて、パッと発色するオレンジ。太陽を連想させるような、濃い色。

 

 

私には、学生時代からもう10年来の付き合いになる友達がいる。明るく社交的で何事にも臆さない彼女は、対照的に人見知りで話しベタな私をよく色々なところに連れ出してくれた。人脈が広く、たくさんのコミュニティの輪に入れてくれた。人と打ち解けるのが得意でない私も、何度も人の輪に突撃するうちに、なんとか初対面の人と会話ができるようになっていった。

ある日、人見知りなんだ、と自分のことを話す私に「昔は、でしょ?」と笑って横から突っ込んできた。「そうかなぁ。」と心から出た疑念も、そうそう!と明るく笑い飛ばされた。

私の人見知りは、私の知らないところで私の知らないうちに解消されていたのだった。そしてそれは、確実に彼女のおかげだった。

 

ひとつだけ思い当たることと言えば、そんな彼女の好きな色もオレンジ色だったということ。それは、彼女自身の明るさや活発さを表しているかのような色だ。

 

対照的すぎて、少し違えば交わることもなかったかもしれない。でも、確実に彼女は私の人生でなくてはならない人だ。

 

そんな彼女がもうすぐ誕生日を迎えます。

いつも周りのハッピーを考え、それに乗っかって自分も一緒に幸せそうにしてる彼女に、今回は私から、そして私たちからハッピーを送ります。

サプライズが、どうか成功しますように。

 

 

きっかけ

 

以前いただいてから5年以上つかっていたマグカップを、今日、不注意で割ってしまった。

当時お世話になっていた先輩が、職場を退職する際にくれたものだった。

 

本当に何気なくつかっていたので、ショックを受けた自分と、それに驚いた自分の両方がいた。頂き物を割ってしまった、良くしてくれた先輩に恩を仇で返してしまったような気持ち。

そして、割ってしまって初めて気づく思い入れ。

 

割ってしまったカップがきっかけというのは失礼だろうか、と考えながら先輩の事を思い出す。

華奢で綺麗な人だった。長い髪や爪の先まできちんと手入れされていて、仕事もはやく、明るく気遣いのできる人だったので職場で好かれていた。

まだ社会に出たばかりで迷惑ばかりかけていた私に、初めこそ厳しかったものの、年が一つしか違わないこともあり、だんだんと心を許してくれた。仕事の愚痴を言い合ったり、何気ない昨日のできごとを話したりと、打ち解けられたことが嬉しかった。

しかし、若い自分たちにはつらい職場だった。一年後には、先輩はあっさりと退職していってしまった。

それからめっきり連絡を取ることもなく、5年が過ぎた。私もその職場は退職し、違う仕事を始めた。風の噂で、先輩は結婚し、子供ができたことを知った。

 

かわいい子が産まれたんだろう、と思う。もう会うことはなさそうだけれど、カップは割れてしまったけど、今日ここに書いたからまた思い出せる。

 

良くしてもらったことも、時間が経つと忘れてしまいがちだ。今日割れてしまったマグカップは、そんな私に感謝の気持ちを思い出すきっかけをくれたのかもしれない。

 

 

雨雨降れ降れ

春の嵐のため、明けて今日は一日中雨のようで。

 

雨が降ってる昼間はどんよりと暗く気持ちを沈ませるので好きではないのですが、夜と雨という組み合わせは最高だと思います。

しとしとと降り続く雨が屋根をやさしく打つ音を、暗い部屋で目を瞑りながら聞くのが良い。

一定のリズムは、正しい眠りへ導いてくれる気がします。

 

が、こうダカダカと降る強い雨はちょっと具合が良くない。風と共謀して窓をバシバシと打ち、戸をガタガタと揺らしては、わざわざ夜中に起こしに来ているかのよう。

 

春眠暁を覚えずの言葉どおり、昼間もたっぷり寝たのでまあ良いのですが、その言葉の通り、わたしはもう眠いのです。

できれば朝まで起こさないでおくれ。

 

 

自分のこと

 

夜、部屋の電気を消すと真っ暗で、

でも窓から月の光がうっすらさしていて、

そのうちだんだん目が慣れてくるのがすきです。

昼と夜なら夜がすき。

たいていのワクワクは、私の場合夜にあるような気がします

お酒がすきだから、というのも一つなのでしょうが、

子どもの頃は寝ていた時間に遊びに繰り出す背徳感がそのままワクワクにつながっているように思う。

 

いろいろと器用なタチではないのですが、

工作をしたり、字や絵を書いたりと

すきなことはこまごまとあります。

ラッピングを考えるのがすきで、

誕生日やお祝い事、イベントなどのプレゼントをちょこちょとします。

ただ、肝心の中身を選ぶのがヘタ。

 

ラッピング好きが高じて、紙フェチ。

紙フェチが高じてのラッピング好きと言った方がいいかもしれない。

吉祥寺のペーパーメッセージ(http://www.papermessage.jp/)は特に大好きで、決して広くない店内で、1時間とか平気で見れる。静かに興奮する。

迷惑な客で申し訳ない。

使う予定もないレターセットやメモ帳、折り紙やシールなどが手元にたくさんある。

 

桜には青い空が最高。

散り始めた頃だとなおよし。

夜がすきだけど、桜は昼に見たい。

 

そんな感じで、

今週のお題「自己紹介」は

すきなものを並べてみました。

 

 

春に生まれて

 

夏が苦手です。

照らす太陽、輝く海のもと、キャミソールの下に水着を着てサングラスをかけた男女が、汗をかきつつスミノフの瓶片手に浜辺で仲間とBBQ

飽きれば時々海に入って、だんだん太陽が傾いてオレンジの空になってきたらみんなで一列に並んで浜辺に写った影を写真におさめたりして、

日が沈めばドンキホーテ仕入れた手持ち花火して、締めには線香花火もしちゃったりするんでしょう?

そんな雰囲気の時はたいてい、アイツらなんか2人でいい感じだな、なんて周りにもてはやされて恋が始まったりするんでしょうけど、この類の人たちはすでに彼氏彼女がいて意外と一途なのでそういことはない。ちゃんとわきまえてる。

だから純粋に仲間と最高の夏をエンジョイして1日が終わる。

あぁ何もかもが暑い、アツイ

 

そもそも暑いということが耐えられない。

太陽がジリジリと髪を焼く感覚が、5分も過ぎれば髪だけでなく確実に頭皮を焼く感覚が、全身ににじみ流れだす汗が、全て不快だ。突然「ア"ー、もうっ!!」と大声をあげたくなる。実際あげる。

私は汗をかきたくない

 

だから夏は多くを室内で過ごす

クーラーはもちろんのこと、扇風機もあるとベストだ

クーラーは設定を24度くらいで室内を一気に冷やして、あとは弱にして扇風機にあたる

冷たい風が髪を通り抜ける感じがすきだ

そこでカップのアイスを木のスプーンで食べて、希釈5倍のとこ7倍くらいで作ったカルピスを氷をカランカラン鳴らしつつ飲み、「うわー、もう言うことないわ、これがサイコーってやつでしょ」と言ったりする。もちろんひとりだ。

 

そうして夏をやり過ごしてきたので、男女グループで海やプールに行った経験も、手持ち花火をした経験もない。

冒頭のような夏のエンジョイイベントは室内では起こりえないのだ。

 

正直に白状しよう、これは嫉妬だ

あまりにも真っ直ぐな太陽への、目を背けたくなるほど眩しい夏をエンジョイする彼らへの、ジェラシー。

そもそも夏のエンジョイイベントって何だよ。ださい。

経験がないのが言葉の端々から伝わってくる。

 

暑いのはきらい、けど、楽しいのは羨ましい

今年の夏こそはエンジョイできるだろうか、男女グループとはみなどのように形成されるのですか

毎年サマーをエンジョイしてるナイスなボーイアンドガールのみなさん、有識者の意見お待ちしております。

 

あ、春生まれですけど、

春は花粉症でどろどろになるので単純にニガテです。