読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは、感謝の色

お題「この色が好き」

 

好きな色を聞かれると迷わずオレンジとこたえるんだけど、なんで好きなのか、いつ頃から好きなのか、明確に答えられない。

 

小さい頃は水色が好きだった記憶がある。上着も、好きな水色のものをよく着ていた気がする。

また今の持ち物は、自分としては意外なのだが、ピンクのものが多い。私は、ヒラヒラしたスカートやリボンのついたバッグなどがあまり好みではないのだけど、ちょっとした小物は無意識にピンクをえらんでいるようだ。

デスクの上のペン立てや穴あけパンチを見て、ある日気づいた。

 

では、いつからオレンジ色が好きと答えるようになったのか。オレンジの中でもパステル系ではなくて、パッと発色するオレンジ。太陽を連想させるような、濃い色。

 

 

私には、学生時代からもう10年来の付き合いになる友達がいる。明るく社交的で何事にも臆さない彼女は、対照的に人見知りで話しベタな私をよく色々なところに連れ出してくれた。人脈が広く、たくさんのコミュニティの輪に入れてくれた。人と打ち解けるのが得意でない私も、何度も人の輪に突撃するうちに、なんとか初対面の人と会話ができるようになっていった。

ある日、人見知りなんだ、と自分のことを話す私に「昔は、でしょ?」と笑って横から突っ込んできた。「そうかなぁ。」と心から出た疑念も、そうそう!と明るく笑い飛ばされた。

私の人見知りは、私の知らないところで私の知らないうちに解消されていたのだった。そしてそれは、確実に彼女のおかげだった。

 

ひとつだけ思い当たることと言えば、そんな彼女の好きな色もオレンジ色だったということ。それは、彼女自身の明るさや活発さを表しているかのような色だ。

 

対照的すぎて、少し違えば交わることもなかったかもしれない。でも、確実に彼女は私の人生でなくてはならない人だ。

 

そんな彼女がもうすぐ誕生日を迎えます。

いつも周りのハッピーを考え、それに乗っかって自分も一緒に幸せそうにしてる彼女に、今回は私から、そして私たちからハッピーを送ります。

サプライズが、どうか成功しますように。